英語の資格を仕事に活かす!

女性

英語の資格は就業する際に役に立つのは間違いありません。

 

資格としては英検準1級以上、トーイックなら800点以上あればかなり職探しが楽になりますね。
語学意外に専門的なスキルや資格があれば更に強いです。

 

年齢が上がるほど高い資格がほしい

20代でしたら仕事そのものが多いので、資格やスキルがそれほどなくても就業することはできます。
でも、40代になるとそうはいきません。一般事務などの仕事は全て若い人に持っていかれると
考えていいでしょう。

チェック 若さに対抗するには高い資格と経験!

やはり仕事をモノにするには、資格と経験がモノを言います。30代以上になると経験は積んで
いると思うので、あとは資格を上げていくことですね!
私は40代になって派遣で仕事をしましたが、やはり英語の資格があったのが良かったです。
40歳以上で新しい派遣先を見つけることはかなり大変です。
何の資格もなければ仕事があったかどうかわかりません。

 

ただ、資格があればすぐ見つかるということではないんですね。
やはり何度もチャレンジしてやっと仕事が見つかった、という感じです。

 

どんな資格、仕事があるか?

語学関係の仕事といえば、通訳、翻訳、英文事務、英文経理、バイリンガル秘書などです。
それにプラスしてパソコンのスキルは今や必須と言えますね。

 

チェック 適性を考えよう!

 

英語関連の中でもどんな仕事をするかは、自分の適性を考えて選びたいです。
帰国子女なみに語学ができても、通訳向きの人、翻訳向きの人がいます。
度胸があって人前に出るのが好きな場合は通訳を狙うのもいいですね。
でも、普段はコツコツとした努力が必要になります。

 

翻訳はコンを詰めてやる仕事なので、実際にやってみるとかなり疲れます。
また、仕事としてあるのは技術翻訳が圧倒的です。
理科系の専門知識がある方は有利と言えますね。
ITや機械、医学などの知識を活かして働いている方もたくさんいます。

 

チェック 完璧なバイリンガルでなくてもいい!

 

バイリンガル秘書は必ずしも帰国子女である必要はありません。
日本で働くので、日本的な感性を持っている人を望まれることもあるのです。
完璧なバイリンガルでなくても仕事はありますので、是非チャレンジしてみるといいですね。
私もバイリンガル秘書をやりましたが、日本語に比べると英語はかなり下手です。
ただ、相手の言うことが理解できて自分の言いたいことが言えればとりあえずはOKの
こともあるのです。

 


高額案件も揃っている派遣会社!