官公庁や公的機関を狙う!

男性

官公庁や公的機関の派遣というのも人気がありますね。財務省や文部科学省などの省庁や、独立行政法人、出先機関などその数はかなり多いです。

 

官公庁の仕事の特徴は、入札制度を利用しているので時給が多少安めになっています。
どこの派遣会社も仕事を取るために、派遣先に対して低めの時給を提示するからです。

 

官公庁、公的機関の派遣を探す

官公庁の派遣社員は普通の派遣会社で探すことができます。
しかし、特定の派遣会社にしか仕事を発注していない派遣先もあります。
官公庁の案件を多く扱っている派遣会社に登録することが就業への
近道になります。

 

 

ランスタッド

ランスタッド

■公的機関の全国の仕事を網羅

 

ランスタッドは公的機関や試験監督の仕事の
案件も多いおすすめの派遣会社!
スタッフケアもいいのでまずは登録しておきたい
会社です!

 

無料登録⇒ランスタッドランスタッド

はたらこねっと

■求人の多い派遣サイト

 

派遣会社が多数集まる総合派遣サイト!
公的機関、官公庁で絞り込み検索できます。
年齢層も幅広い求人が掲載されています

 

無料登録⇒はたらこねっとはらたこねっと

ヒューマンリソシア

■独自の案件も多い

 

地元に密着した派遣会社です!
近くにヒューマンリソシアの支店がある場合
是非登録しておきたいですね!
独占案件もあります

 

無料登録⇒ヒューマンリソシアに登録!

 

 

官公庁の派遣は決まりやすい、というのも魅力です!
40代50代以上の方も諦めずにチャレンジしてみてください!

 

矢 高いスキルを持っていない中高年の方!
    多少事務経験があればOK、という仕事もあります。
    年齢も50代以上の方もたくさん働いています。

 

矢 どうしても仕事に就きたい方!
    比較的決まりやすいので、どうしても働く必要がある方にもいいですね。

 

矢 残業ができない方!
    家庭の事情や、プライベートを優先したい方にもオススメです。
    定時に終わる仕事も多いのが官公庁です。
    また、仕事は楽なほうがいい、キツイのはできない、という方にもピッタリですね。

 


官公庁の派遣の仕事は楽か?

派遣

官公庁の派遣は楽、という話がありますが実際どうでしょうか?

 

私もいくつか公的機関で働いてみましたが、楽な仕事ばかりではありません。

 

一般の派遣と同じかそれ以上に忙しくスキルを求められることもあります。

 

でも、楽な仕事が多い、ということは言えると思います。

 

これには理由があって、一般企業だと、不要な人員を募集することはありません。
でも、官公庁は決められた予算を消化するために人を募集することもあると思います。

 

なので、そういうところに入った人は、仕事が楽だな、と思うでしょう。

 

私もそういうところに入ってしまったことがあって、暇すぎて困りました。
時給は確か1500円ちょっとだったと思います。

 

これくらいの時給で、とても忙しくて身をすり減らして働いている人もいると思います。
暇なのもツライですが、楽をしてお給料をきちんともらえる事を良し、と考えることもできます。

 

仕事にやりがいを求めていて、これからドンドン伸びて行きたい人には不向きですが、子供がいる主婦には耐えられることかもしれません。
(私は子供がいても耐えられなくてやめてしまいましたが)

 

官公庁の派遣と一口に言ってもその内容は様々なので、派遣会社の人によく聞いた方がいいと思いますね。

 

 

高額案件も揃っている派遣会社!